株式会社 公共経営・社会戦略研究所

Public Management and Social Strategy Institute Inc.

~研究者と実践者とのパートナーシップで新しい社会的価値を創造~


非営利・公共経営研究所のホームページ
明治大学ホームページ

ソーシャルインパクト・ボンド(social impact bond:SIB)について


ソーシャルインパクト・ボンド(social impact bond:SIB)とは、社会的アウトカム(成果)を向上させるような予防・介入活動に対する資金調達の拡大をねらいに設計された公共セクターと民間との間のアウトカムベースの「契約」です。
                                                >>ファイナンスの仕組みを活用した、社会的アウトカム改善のための政府、サービス実施団体(NPOや社会的企業など)、投資家等との連携による新しい官民連携モデルです。英国や米国ではしばしばPbR(Payment by Results)(成果連動型契約)の一種として位置づけられています。 
                                              >>SIBでは、特定の社会的アウトカムの改善プログラムの実施コストが、政府の財政支出(税金)からではなく、民間投資家からの投資資金により調達されます。

SIBの入門的概説については、こちらからダウンロードできます。

SIBの国内外の動向についての概説は、こちらからダウンロードできます。


2016年11月に、代表の塚本と金子郁容教授(慶應大学名誉教授、明治大学特任講師〔当時〕)との共編著『ソーシャルインパクト・ボンドとは何かーファイナンスによる社会イノベーションの可能性』(ミネルヴァ書房)を出版しました。日本で初めてSIBを体系的かつ学術的に扱った専門書です。
>>本の内容は、こちらのチラシをごらんください

ソーシャル・インパクト・ボンドデータベース(国際)

公開元(団体)名 タイトル URL 備考
Social Finace UK
Impact Bond Global Database
アクセス
Social Finaceは英国・ロンドンを拠点とするSIB関連の中間支援組織。本データベースは世界各国のデータであるが、国によって情報の質にばらつき有り
GO Lab
Projects Database
アクセス
GO Labはオックスフォード大学ブラヴァトニック公共政策大学院内に設置された研究所。本データベースでは、英国国内のSIBデータを提供
Nonprofit Finance Fund
Pay for Success Activity Map
アクセス
Nonprofit Finance Fundは米国でPFS促進のため設立されたハブ組織。Pay for Successの概念についてはこちらを参照。本データベースは米国内のみでSIB以外も含む。
Brookings
Impact Bonds
アクセス
ブルッキングス研究所は米国を代表する民間シンクタンク。SIBに関するデータやレポートを多数公表。
Harvard Kennedy School, Government Performance Lab
Pay for Success
アクセス
ハーバードケネディスクール・ガバメントパフォーマンス・ラボ(GPL)は、国・自治体の対人サービスの実施方法や財政支出の方法を改善することにより社会課題の解消を迅速化することをミッションとしている。GPLが雇用するフルタイムスタッフを政府機関に派遣し伴走型でプロジェクトを支援。
表1.SIBデータベース一覧


.